節約生活を実践して貯金を増やす!家計簿で家計を管理する方法・暮しに役立つ情報をご紹介!


「節約生活で暮しを豊かにしよう」トップページ日用雑貨費を節約する>【節約生活】鍋・フライパンの焦げ付きを落とす方法

日用雑貨費を節約する

どんなに気を付けていても、鍋・フライパンを焦がしてしまうときってありますよね。スポンジに洗剤をつけてゴシゴシこすってもなかなか落ちてくれません。
鍋・フライパンの焦げ付きを落とすには、重曹を使いましょう。

  1. 重曹と水を鍋・フライパンに入れて火にかけ、沸騰させます。ふたはしなくて大丈夫です。
  2. 沸騰したら火を止め、冷まします。完全に冷めるまで放置すると、ほとんどの焦げ付きは浮かび上がってきます。
  3. 水を捨てたら、内側に残っている焦げ付きをスポンジでこすり洗いして仕上げましょう。

鍋・フライパンは毎日の節約料理に使う大事なものです。硬いタワシなどで、焦げ付きを力ずくで落とそうとすると傷が入り、またその部分が焦げ付いたりします。慌てずに重曹を試してみて下さい。ただし、アルミ製の鍋・フライパンは変色する可能性があるので、注意して下さい。

重曹は掃除にも使えますし、節約生活にとても役立つアイテムです。ぜひ有効活用してみて下さい。

また、夏場の強い日差しを有効利用し、ベランダや庭に鍋・フライパンを天日干しして、焦げ付きをカピカピに乾燥させて落とすという方法もあります。この方法は時間がかかりますが、予備の鍋・フライパンがある場合は有効かもしれませんね。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔