節約生活を実践して貯金を増やす!家計簿で家計を管理する方法・暮しに役立つ情報をご紹介!


「節約生活で暮しを豊かにしよう」トップページコラム>ガソリン価格はどうなる?暫定税率廃止後の各社の対応

コラム

【2008年3月29日 節約生活コラム】

暫定税率廃止についての国会でのやりとりがニュースで話題になっていますね。
暫定税率が期限切れをむかえるとガソリン1リットル当たり約25円減額となる計算ですが、実際には2008年4月からのガソリン価格は各社の対応によって異なるようです。ガソリンは製油所から出荷されるときに課税される為、3月中に蓄えられているガソリンに関しては暫定税率が課せられていることになります。

ガソリンスタンド各社の対応ですが、3月出荷分を使い切ってから値下げする、3月・4月分の暫定税率を均等に割った価格で4月からの販売をスタートさせるなど、発表にバラつきがあります。

お客様への感謝の意と4月からの混乱を避ける為に、中にはすでに値下げを始めているガソリンスタンドもあります。4月に入ってからすぐには値下げしないガソリンスタンドも、近隣のライバル店舗が値下げした場合、追って値下げせざるえない状況も起こってくるのではないでしょうか。

消費者にとって値下げされるのは嬉しいことですが、きちんと正確に情報を把握していないと各社の価格競争によって混乱してしまいそうです。店頭にポスターなどで告知しているか、いつも給油するガソリンスタンドをチェックしておくのも良いですね。ガソリンスタンド運営各社のホームページを見てみると、トップページに対応が記載されているところもあれば、まったくふれていないところもありました。

また、ガソリン代の節約を考え、満タン給油せずに買い控えしている消費者が多いそうです。4月になって急に値下げできない事情を期待する消費者にうまく説明できるかが問題です。政府はもっと明確に、混乱を避ける為の対応してはくれないのでしょうか。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔