節約生活を実践して貯金を増やす!家計簿で家計を管理する方法・暮しに役立つ情報をご紹介!


「節約生活で暮しを豊かにしよう」トップページ食費を節約する>たけのこのアク抜き・選び方と保存方法

食費を節約する

たけのこはシャキッとした歯ごたえがとてもおいしく、天ぷらや煮物、炊き込みご飯などの料理に使えます。また、繊維質が多いので腸内の環境を整えてくれます。

たけのこは鮮度が大切です。収穫してから時間がたつにつれて、えぐみやアクが強くなっていきます。根元のイボイボが少なく、赤い斑点が小さくて少ないもの、そして先端の部分が黄色くなっているものが新鮮です。泥がついた状態で売っているときは、泥が湿っていると収穫から時間がたっていない目安になります。

たけのこは味が落ちやすいので、買ったその日のうちに下ゆでしてアク抜きをしましょう。

皮はたけのこを柔らかくする作用があるので、むかずにゆでます。先端部分を斜めに切り落とし、切った部分から縦に1本切れ目を入れておきます。

沸騰したお湯に米ぬかと赤唐辛子を1、2本を入れ、切ったたけのこを1時間程ゆでます。でも、米ぬかは、なかなか常備されてはいないと思います。代わりに米のとぎ汁を使いましょう。
ゆで汁の中で放置して、冷めたら皮をむいて水洗いします。

保存するときは水をはった密閉容器に下ゆでしたたけのこを入れ、冷蔵庫に。毎日水を取り替えてあげれば、2、3日保存しておくことができます。食物繊維が多い為、冷凍保存には向いていません。

たけのこの旬は4〜5月です。旬の野菜を安く買って食費の節約に役立てて下さい。そしておいしい春の味覚を楽しみましょう。

たけのこ料理のレシピを調べる


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔