節約生活を実践して貯金を増やす!家計簿で家計を管理する方法・暮しに役立つ情報をご紹介!


「節約生活で暮しを豊かにしよう」トップページ食費を節約する>【節約生活】固まった砂糖をさらさら状態に戻す方法

食費を節約する

食費を節約するには、上手に無駄のない買い物をして自炊することがポイントです。自炊に欠かすことのできない調味料のさしすせそ(砂糖・塩・酢・しょう油・味噌)は初めての一人暮しでも揃えておく必要がありますね。

私の節約料理でいちばん使用頻度が低い調味料が、砂糖です。ちょっとずつしか使わないので、減りがとても遅いです。塩としょう油は減りが早いのですが、これは私の味付けが偏っているのでしょうか?

砂糖は容器に入れて保存しておくのですが、日にちがたつにつれて固まってしまうことがあります。一度固まってしまうとスプーンやフォークでつついてもガチガチでうまくほぐれません。
固まった砂糖をさらさら状態に戻す方法はいくつかありますので、ご紹介します。

  • 冷凍庫で容器に入った砂糖を入れておき、2時間ぐらいしたらフタを開け、常温で30分放置する。
  • 電子レンジで溶けないように様子をみながら加熱する。がっちり固まっているときは途中で手を使ってもみほぐす。
  • ちぎった食パンを容器の中に入れておき、湿気を吸い取らせる(※少し食パンの香りが移ることがあります)。

また、砂糖が固まってしまうのを防止する方法として、ヨーグルトに付いている顆粒状の砂糖を混ぜておくというのがあります。ヨーグルトやコーヒーに使われてる顆粒状の砂糖は、水に溶けやすく固まりにくいという特徴があります。

基本的に賞味期限がない砂糖でも、大切に使っていきたいですね。固まった砂糖をハンマーで砕くのはとても大変なので、ぜひ上記の方法をお試し下さい。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔