節約生活を実践して貯金を増やす!家計簿で家計を管理する方法・暮しに役立つ情報をご紹介!


「節約生活で暮しを豊かにしよう」トップページ節約料理レシピ>ゆで卵の作り方【丁度良いゆで時間と殻のむき方】

節約料理レシピ

いろいろな節約料理に使えて便利なゆで卵は、ちょっと小腹が空いたときにも丁度良い食べ物ですね。ゆでるだけで簡単にできて、料理の下ごしらえの間に手軽に作ることができます。

  1. ゆで卵の作り方は、まず冷蔵庫から卵を取り出し、常温で20分くらい放置するか、水につけておいてまわりとの温度差をなくします。冷たい卵をいきなり火にかけるとひび割れしやすくなります。
  2. 卵全体がつかるくらいの水・卵を鍋に入れて、中火にかけます。
  3. ひび割れしたときに中身が飛び出すのを防ぐ為に酢を小さじ1杯入れます。
  4. 沸騰したら、弱火にして箸で卵を時々転がします。黄身が片寄るのを防ぐことができます。 沸騰してから7分・固ゆでにする場合は10分くらいゆでます。鍋の材質・大きさ・水の量・一度に何個ゆでるかなど、ベストなゆで時間は状態によって微妙に変わるので、何度か作り、時間を見極めてみて下さい。鍋にしっかりフタをして最後の3分間は火を止めて蒸らす作り方もあります。
  5. ゆで上がったらお湯を捨て、鍋に水を入れて冷やします。水の中で殻をむくと、殻と白身の間に水が入り込み、むきやすくなって表面がきれいなゆで卵になります。

また、冷蔵庫に古い卵と新しい卵があった場合、古い卵で作った方が殻がむきやすいゆで卵になります。古い卵の方が、卵の表面の薄皮が殻に密着しにくいからです。

電子レンジで目玉焼きを作る方法・コツ


トラックバックURL
この記事へのコメント
1. みい   2009年03月25日 14:52
ごはんを炊くとき、ラップやホイルに包んだ卵を一緒に入れたら一石二鳥。時間、電気・ガス代の節約になりますよ。
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔