節約生活を実践して貯金を増やす!家計簿で家計を管理する方法・暮しに役立つ情報をご紹介!


「節約生活で暮しを豊かにしよう」トップページ水道料金の平均を下げる>洗顔・歯磨きするときの節水方法

水道料金の平均を下げる

朝、洗面台などで洗顔するときに、つい面倒で水道の水を流しっ放しにしてしまうことがありませんか?水道の水を出したまま洗顔すると、時間がかかればかかるだけ無駄な水を流してしまいます。洗顔するときは洗面器に必要な分だけ水を汲んで使うようにしましょう。水の使用量をおおよそ1/3から1/4に減らすことができます。

歯磨きをするときは、歯ブラシにつける歯磨き粉の分量を最小限に抑えましょう。たっぷり使えば歯がきれいになるわけではありません。歯磨き粉が余分に多いと口をすすぐ回数が増えて水を多めに使ってしまいます。

また、歯ブラシのそばにはコップを置くようにして、水を汲み口をすすぐようにします。両手で水をすくってすすぐと早くできますが、水がこぼれやすくなります。歯ブラシを最初に湿らす場合もコップに汲んだ水につけたほうが無駄な水を消費しません。

とても細かく小さなことですが、毎日の習慣だからこそ積み重ねた結果に差が生じます。洗顔・歯磨きで水を出しっ放しにしないことで1ヶ月に数十リットルの節水につながるのです。

どのくらいの水をいつも使用してるかは、洗顔・歯磨きにかかるのと同じ時間蛇口をひねってペットボトルに水を溜めると分量が目で確認できます。意外と流れていく水は大きいと実感されると思います。

簡単にできるところから節水方法を実践し、毎月の水道代を減らしていきましょう。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔