節約生活を実践して貯金を増やす!家計簿で家計を管理する方法・暮しに役立つ情報をご紹介!


「節約生活で暮しを豊かにしよう」トップページ電気代を安くする>LED電球の選び方「明るさを実際にチェックしてから購入する」のが吉

電気代を安くする

エコに有効として注目を集めているLED電球。

ニュース番組などでも取り上げられていて、

  • 消費電力が低いから電気代節約に貢献する。
  • 白熱電球より価格は高いが、長持ちするので省エネに有効(寿命4万時間のスペックなど)。
  • 明るくなるまでの時間が短い。

など、様々な利点・特徴が紹介されており、各メーカーのテレビCMも良く見かけるようになりましたね。

先日、今の住居に住み始めてから初めてお風呂場の電球が切れてしまいました。

一昔前に比べてると価格が下がってきたこともあり、これを機会にLED電球デビューすることになりました(今頃なのですが…)。

通販サイトを見ながらパナソニック製や東芝・シャープ製など、スペックと価格を調べていたのですが、なんせ初めてなので、どの位の明るさがあるのか数値を見てもピンときません。

電球だけで送料を支払うのももったいないので、近所の家電量販店と家電を扱っているスーパーマーケットに見に行くことにしました。

売場に行くと、予想していた通りLED電球が実際に展示されていて、商品ごとに明るさをチェックできるようになっていました。

ネットで見つけた商品は思ったより少し暗めで、スペックだけで判断して買わなくて良かったと思いました。

浴室用の丁度良い明るさの商品を見つけることができ、調光には対応していないけれど、10年以上長持ちして電気代は1年で320円程度(本当かな?)のものを購入できました。

我が家のお風呂場の電球はカバーが付いているので、カバーした状態での明るさが心配でしたが、以前の白熱電球よりちょっと暗めになった程度で丁度良く感じられました。

今まで何回も購入している方は、その経験値からスペックのみで判断して通販で買うのもアリだと思います。

でも、私と同じような初心者の方の選び方としては、実店舗で明かりが点いている状態を確認してから買うことをおすすめします。

ワット数や口金サイズはあらかじめ確認していくと思いますが、光色の種類(電球色、昼白色、昼光色)や照射角度、設置する場所に適しているか?等の判断は、実際に光っているところを見たほうが分かりやすいです。

また、家電量販店の場合は、専門のスタッフがいますので、設置場所や予算等のある程度の条件を伝えれば、どれを選べばいいのかアドバイスしてもらえるでしょう。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔