節約生活を実践して貯金を増やす!家計簿で家計を管理する方法・暮しに役立つ情報をご紹介!


「節約生活で暮しを豊かにしよう」トップページ>電気代を安くする

電気代を安くする

東京電力のホームページ「電気のシェイプアップカルテ」のページが2007年2月1日にリニューアルされました。

このサービスは自宅の過去2年間の電気使用量をグラフで見ることができます。同じ契約内容の平均値と見比べることができますので、電気代の節約の参考になります。

1年前はこんなに電気を使っていたのか!など新たな発見があるかもしれません。
電気代の節約を心がけている方は、その成果をぜひ確認してみて下さい。

→東京電力「電気のシェイプアップカルテ」
http://aoisora.org/genpatu/2011/tepco_data/20110409151130/dv02aetop.html

※2013年2月現在、上記Webページ内のリンクがうまく機能していないのを確認した為、いったんリンクを外しております。

追記:2012年より、下記サービスに変更になりました。お試し版にてその機能をご確認下さい。

でんき家計簿|東京電力


冬の朝はとても寒く、布団から出るのがつらいですね。寝るときに暖房をつける方もいらっしゃると思います。

そこで冬の朝の室温低下を和らげるために、よしず・すだれを利用してみてはいかがでしょうか?

よしず・すだれには、夏の直射日光での室温上昇を防ぐ効果もありますが、温まった部屋の温度をキープする効果もあります。
暖房を寝る前につけるとき、よしずを窓の外に立てかけておくことによって断熱層ができます。朝の冷たい風が当たっても室内に伝わりにくくしてくれます。

また、結露が起こりにくくなります。結露の水分は壁紙を痛めたり、アレルギーの原因といわれているカビ・ダニの発生をまねきます。

よしず・すだれを活用して朝の暖房時間を短縮し、電気代を節約しましょう。


「節約生活で暮しを豊かにしよう」をご覧頂きありがとうございます。

お父さんが仕事で身に着けているネクタイをアイロンがけすることがありますが、収納方法や使い方によって、アイロンがけの回数を減らすことができます。

まず、ネクタイは続けて何日も使用していると、結びじわができてしまいます。なるべく多い本数を用意しておき、毎日違うネクタイを使用しましょう。
お父さんが出張などで宿泊するときは、数本持っていってもらうのが良いです。

また、ネクタイを外した後は、細いほうからクルクルと丸めて収納しましょう。 洋服用のハンガーなどにかけておくより、丸めておいたほうが結びじわが直りやすいです。

お父さんのお気に入りや勝負ネクタイは、専用ケースをつかうのも有効です。

ネクタイを長持ちさせてアイロンがけの回数をなるべく減らし、電気代を節約しましょう。


一般的にエアコンは電気代の中で、一番占める割合が大きいです。効率よく冷暖房効果を発揮させ、電気代節約に努めましょう。

設定温度は、夏の冷房時に28度以上、冬の暖房時には20度以下が望ましいです。1度設定を変えると約10%の節電になると言われています。

冷房をいれると、部屋の低い場所に冷たい空気が集まってしまうので、扇風機を併用すると良いです。冷たい空気を部屋中に巡回させましょう。扇風機は消費電力が低いので、ある程度部屋が涼しくなったらエアコンを弱めたり、切るのが節約につながります。

日中、冷房をいれているときは、カーテンを閉めておきましょう。日ざしが入ることによって室温が上昇していきます。また、窓の開閉回数をなるべく減らすことも大切です。

また、室外機に夏場の強い日ざしが直接当たっていると、十分な熱交換ができず、電気代を余計に使ってしまいます。夏場は室外機の上に日よけを作っておくのが良いです。

石油ファンヒーターと同じく、フィルターの掃除をしましょう。掃除機で取れない汚れは、使い古した歯ブラシで水洗いするときれいになります。あまり硬い歯ブラシを使うと、網目を痛めてしまうことがあるので注意して下さい。

エアコンを効率よく使って、節約生活をしましょう。


一般的に電気代を占める割合で、もっとも高いのがエアコンです。エアコンは設定温度を下げたり、フィルターを掃除したりすると電気代の節約になります。

照明にかかる電気代も節約において重要です。つけっ放しにしないなど、気を付けることはありますが、掃除もこまめにしてあげましょう。

汚れたまま使っていると、明るさが低下します。定期的に汚れを拭き取ることによって、本来の明るさを保つことができます。

また、白熱電球は値段が安いですが寿命が短いです。白熱電球に比べると電球型蛍光ランプは寿命が約6倍、使用電気量は約4分の1になる為、長い期間で考えると電球型蛍光ランプのほうがコストを低くできます。

販売店舗によりますが、電球型蛍光ランプは白熱電球の約10倍の値段になります。家庭内の各照明の使用頻度を確認し、あまり照明をつけないところは白熱電球を使うなど、両方を使い分けても良いと思います。

照明を上手に使って、節約生活につなげましょう。


冬の寒い時期にお世話になる石油ファンヒーターですが、皆さんのご家庭では使われていますか?汚れたまま使っていたりすると、動作の効率が悪くなり、火災の原因にもなります。きれいにして使えば熱効率が上がり、灯油代・電気代節約になります。

まず使い始めるときですが、電源コードが痛んでいたり、灯油を入れるタンクが変形していないか確認しましょう。タンクに去年の残りの灯油が入っていたら、使わないほうが良いです。最初に灯油を少し入れ、逆さまにして漏れてしまわないか確認すると安全です。

正面の噴き出し口のところがベタベタ汚れていたら、雑巾などで拭き取りましょう。後ろ側のファンフィルターは、しばらく使っているとホコリがこびりつきます。掃除機でホコリを吸い取りましょう。こびりついて取れない場合は、綿棒を使って絡め取ると良いです。

取り外せるタイプのファンフィルターはぬるま湯で洗い、完全に乾かしてから装着します。

毎年お世話になる石油ファンヒーターは、ぜひ手入れをして長持ちさせて下さい。シーズンが終わりしまうときには、付属の箱に入れるか、布をかぶせるなどしてホコリがかぶらないようにすると良いです。


電気代の節約において、見ていないテレビを消したり、主電源を切っておくなどが挙げられますが、意外と忘れてしまうのがビデオデッキの主電源です。

主電源を入れたままで消費する電気量は、使っているときの約70%に相当します。

ビデオデッキで録画したり、再生する時間は1日の中で限られた時間になると思います。使っていない時間もつけておくと、電気の無駄使いになりますので、テレビと一緒に忘れずに切るようにしましょう。

ビデオデッキは、家電製品の中で待機電力の消費量が多い部類に入ります(省エネタイプのものも数多くあります)。上手に使って節約生活を心がけましょう。


皆さんはお茶やコーヒーを飲んだりするのに、電気ポットを使っていますか?

電気ポットでお湯を沸騰させて長時間保温しておくのは、電気の無駄使いになります。長時間使わないときは、プラグを抜いておき、使うときになったら再度沸騰させましょう。その方が電気代を節約できます。

また、やかんで必要なだけお湯を沸かし、魔法びんに入れて保温すると、電気代がかかりません。電気ポットで沸かす電気代と、やかんで沸かすときのガス代を比べると、やかんを使ったほうが節約になります。

飲むものが1種類に決まっていれば、魔法びんの中に作り置きができるので、その都度いれなくてもよくなります。

電気ポットの使用を抑え、魔法びんの保温効果をぜひ活用してみて下さい。


食材をまとめ買いして、冷蔵庫の中がいっぱいになると、どの食材がいつまでの賞味期限(消費期限)か分からなくなることがありませんか?

冷蔵庫の奥のほうにしまっておいて、気が付いてみたら賞味期限が過ぎていた・・・なんてことになると食材が無駄になってしまいます。

かといって、確認の為に冷蔵庫を開け閉めしていると、冷蔵庫の温度が上がって電気代がかかってしまいます。

冷蔵庫にカレンダーを貼っておいて、食材の賞味期限を書いておくと忘れても安心です。買ってきた食材を冷蔵庫にしまうとき、賞味期限が切れる日に食材の名前を書いておきましょう。

冷蔵庫を見るたびに目に入るので、「あの食材は明日までの賞味期限だから、今日の料理に使おう」という感じに管理ができます。

私は昔、食材を冷凍庫に保存したまま忘れてしまい、気が付いたら食材が化石(?)になっていたことがあります。

そういえば、過去に洋菓子メーカーさんが話題になりましたね。個人的にその洋菓子メーカーさんのケーキは好きなので、信用回復の為にがんばってほしいものです。皆さんは賞味期限を管理して、上手に節約生活をしましょう。


冷凍庫での冷却を効率よくして、電気代を節約しましょう。

冷凍庫で食材を凍らせるときに重宝するのが「アルミトレイ」です。アルミトレイは熱伝導の効果が高いので、普通に入れるよりも早く冷却できます。

余ったご飯や、冷凍食品など、アルミトレイにのせて冷凍庫にしまいましょう。

特に、菓子パンやお菓子を作られる方はぜひ使ってみて下さい。

カスタードクリームを作ったときに、アルミトレイにラップをかけて、その上にカスタードクリームを広げ、上にもラップをかけて冷凍庫に入れます。プラスチックの容器よりも、はるかに早く冷やせます。急速に冷やすことによって、夏場は食中毒防止にもなります。

クロワッサンやデニッシュを作るときも役立ちます。バターを折り込む過程で生地を休ませるときに、アルミトレイにのせて冷やすと効果的です(耐冷凍生地のみ)。

冷蔵庫によってはアルミトレイが付属してたりしますが、ない場合はプラスチックのトレーにアルミホイルをかぶせてもOKです。冷凍庫に直接敷いても良いと思います。