節約生活を実践して貯金を増やす!家計簿で家計を管理する方法・暮しに役立つ情報をご紹介!


「節約生活で暮しを豊かにしよう」トップページ>日用雑貨費を節約する

日用雑貨費を節約する

お子さんのいたずらなどで家の冷蔵庫やドア・ガラスなどに貼られたシールは、時間がたってしまうとはがしにくくなるものです。

たんすなどの家具や家の壁に貼られたシールを無理に爪でこすってはがそうとすると、シールの跡が残ったり傷ついたりしてしまいます。

専用のアルコール液を使用すると簡単にはがすことができるのですが、その為だけに買うのはもったいないので、自宅にあるものを使ったシールのはがし方を試してみましょう。

  1. スポンジで貼られたシールに中性洗剤(食器洗いの洗剤など)を塗ります。
  2. 料理に使うラップをつけて表面を覆います。
  3. 20分程経過したらシールをゆっくりはがします。
  4. はがした後に洗剤や水分が残っていると変色の原因になるので、柔らかいタオル等でしっかりと拭き取っておきましょう。

大切にしている家具の場合、表面が変色することもありますので目立たない箇所で試してから実行してみてください。

洗剤を使うのが怖い場合は、お酢をティッシュに染み込ませてシールに貼り付けておく方法もあります。

また、水で濡らせないものに貼られたシールはドライヤーで温めてみましょう。少し時間がかかりますが、熱でシールの粘着性が弱まりはがれやすくなります。あまり強い(熱い)風を長時間当てていると、家具などの場合は変色する可能性がありますのでお気を付け下さい。

間違えて貼った切手をはがす方法


食品を電子レンジで温めるときに、シャッとラップをかぶせて使い終わったらゴミ箱へ。ほぼ毎日することですが、積み重なっていくと結構な量になると思います。

私は、自炊・料理するときには必ずラップを使っていましたが、日用雑貨費を少しでも節約する為に電子レンジ用フードカバーを使うようにしました。

お皿に盛り付けたおかずをそのまま電子レンジで温めることができて、とても便利です。蒸気を程よく逃がす通気口があり、ラップのように内側に水滴が溜まることもありません。

もちろん通常のフードカバーのように、テーブルに置いたおかずのホコリよけとしても使うことができます。

ラップはほどんど使い捨てになってしまいますが、電子レンジ用フードカバーは半永久的に使うことができて経済的です。

節約生活で日用雑貨費を節約する為に、これからも耐熱の保存容器と併用していきたいと思います。


地元のローカルなスーパーのWebサイトには、おおまかなお店の情報しか掲載されておらず、細かい商品の特売・安売り情報は調べることができませんでした。新聞をとっていないこともあり、買い物に行ったときにチラシをもらって、次の週に安売りしている食材や日用雑貨・消耗品を確認していました。

しかし、今はネットでチラシそのものを見られるようになりました。

タウンマーケット
http://townmarket.jp/

タウンマーケットでは、駅名や市町村名・番地から地元で配布されているチラシをチェックすることができます。ヤオコーやコープのお店などのスーパーだけでなく、ヤマダ電機・コジマなどの家電量販店、ドラッグストアからホームセンターなど、様々なジャンルの店舗を検索可能です。

私は視力が弱いので、拡大して見る機能が重宝しています。また、チェックしたチラシを簡単に印刷できるところも気に入っています。

先日購入したプリンターも、家電量販店に行かずに値段を調べることができました。結果的にネットで注文するほうが安かったので、通販で注文しました。

ネットで閲覧できるチラシからの情報を活用して、節約生活に役立ててみて下さい。

また、タウンマーケットでは無料でチラシを宅配してくれるサービスもあります。新聞をとっていない方でも地元のチラシを見ることができますね。

パソコンや携帯で検索してチラシが閲覧できる「Shufoo!(しゅふー)」


スーパーに買い物に行ったときに、洗剤やトイレットペーパーが安いと買いだめをしますか?底値で売られていて「本日限り」なんて広告が貼られていると、「買わないと損だ」みたいな気持ちになってきちゃいますよね。

でも、ストックをたくさん買い過ぎるのは節約生活としてよくありません。日用雑貨1個の値段は安いほうがもちろん良いのですが、どのくらいの期間で1個を使い切っているか把握しておくことが大切です。

例えば、ティッシュペーパーのストックを常備していると、普段より「まだいっぱいあるから」と、たくさん使ってしまうことがあります。せっかく底値で買っても減るスピードが以前より速くなっていたら、次に補充する日が早まってしまいます。

洗剤やティッシュペーパーを買ったときに、使い始めの日をメモして貼り付けておくと、使い終わったときにどれだけの期間が経過したかが分かります。

次のストック分を使い切るまでの期間を1日でも長くすることができれば、節約成功です。年間を通して、毎日使うもの程気を付けていれば家計簿などで効果が表れます。

ストックを買い過ぎると使い方が大ざっぱになってしまうという方は、1個までに抑えておき、大切に使うように心がけましょう。洗剤などを置いておく場所をわざと狭くして、たくさん置けないようにするのも有効です。


私は小さい頃からの花粉症で、ほとんど毎年辛い思いをしております。花粉症だと、2月後半から4月前半くらいまで通勤やお出かけのときに本当に困りますよね。

花粉症の時期は、外から帰ってきてもしばらくは鼻がむずがゆく、鼻水が出てきてしまいます。花粉症対策は皆さんはどうされていますか?

薬局に行くと、花粉症に効くたくさんの種類の予防薬が売られています。予防薬を毎日飲み続けていた時期もあったのですが、だんだん効かなくなってきますし、胃腸の調子も万全ではなくなってきました。節約暮しを実践しているので、病気でもないものにいろいろお金をかけるのも気が進みませんでした。

そこで、外から帰ってきたときには、蒸しタオルを使うことにしました。
蒸しタオルを目や鼻にしばらくあてていると、患部がゆるみ体液の流れが良くなって症状が楽になっていきます。だんだん蒸しタオルの温度が下がり、あてたときとの温度差が生じて効果が表れてきます。

蒸しタオルはお湯を沸かして用意しても良いのですが、電子レンジを使うと素早く楽に作れます。ぬらしたタオルを軽く絞ってから、1分ちょっと加熱するだけです。電子レンジによっては短い時間で熱くなる場合があるので、火傷に充分注意して下さいね。

蒸しタオルをあてながらのリラックスタイム。そしてお金をかけない花粉症対策に、ぜひお試し下さい。

ティーバッグで花粉症対策


節約を心がけている主婦や一人暮しの方は、定価で商品が販売されているコンビニはあまり利用しないと思います。食材にしても、日用雑貨にしても、スーパーで買った方がお得なのは言うまでもありません。しかし、コンビニについつい立ち寄ってしまう。用もないのにコンビニに入ってしまうという方は結構いらっしゃると思います。

コンビニの店内は、商品の陳列やお客が通る経路がとても考えられて作られています。ひとつ商品を手にとってしまうと、あれもこれもと次々と買ってしまった。という経験は誰もがあるのではないでしょうか?

節約して貯金していく為には、コンビニで買い物をしてしまう癖、大げさに言えば「コンビニ依存症」を改善しなくてはいけません。

帰り道を変える。
決まったいつもの仕事の帰り道。コンビニがあるとついつい立ち寄って買い物してしまいます。ならば、少し遠回りでも帰り道を変えてみましょう。コンビニが視界に入らなければ、まっすぐ帰宅できるでしょう。
所持金を必要最低限に抑える。
その日決められた買うものに必要な金額だけ持ち歩くようにします。
クレジットカードは、必要なとき意外は自宅に置いておきましょう。おサイフケータイなどの電子マネーも利用しないようにします。
休日に計画的にまとめ買いをしておく。
必要なもの・買わなきゃいけないものは、思いついたらメモしておきましょう。書き留めることができない場合は携帯電話に記録しておくと便利です。そして休日にメモしておいた中から、本当に必要なものを取捨選択し、買い物をしましょう。

コンビニで買い物をすることが、節約の妨げになるということではありません。時間の節約という意味ではコンビニで買い物を済ませることも有効だと思います。コンビニの宅配便やATMの利用、CD・DVDの購入など、便利なところだけ利用するのが良いです。

節約生活は、毎日の積み重ねが後で効果を発揮します。毎月の貯金を増やして目標額に近づいていきましょう。


梅雨の時期以外にも、洗濯物を部屋干しするというご家庭は多いと思います。仕事の帰りが遅く、夜中にしか洗濯できなかったり、花粉・車の排気ガスが気になるなど。最近は、生乾きの嫌な臭いを防ぐ部屋干し用の洗剤が発売されています。洗剤を変えるのも有効ですが、部屋干しの方法をひとつ工夫してみましょう。

部屋干しした洗濯物の嫌な臭いの原因は、

  • 洗っても落ちきらなかった皮脂・たんぱく質が酸化する。
  • 皮脂・たんぱく質に、空中を浮遊している菌が付着し、汚れ・水分をエサにして繁殖する。

などが挙げられますので、臭いを防ぐには、できるだけ短い時間で乾かすことが大切です。

  • 角型ハンガーに干すときは、真横から見てジグザグになるように干しましょう。洗濯物の長い・短い、又は厚い・薄いを交互にして風の通りをよくします。
  • バスタオルなどの大きめの洗濯物は蛇腹状にして干します。上から見たときに三角形のすき間があくようにし、風の通り道を作ります。
  • ズボン(ジーンズなど)は裏返しにし、筒状にして干します。前のボタンは外しておきましょう。ポケットの生地が乾きやすいようにします。
  • 靴下は布が重なっていると乾きにくいので、つま先を下にし、ゴムの部分が筒状になるように干します。
  • シャツやトレーナーを干すときに、細い針金ハンガーを使うと布と布の間にすき間があきません。肩の部分にラップの芯をかぶせて厚みを作ってあげると効果的です。

洗濯機が回り終わったらすぐに干すようにして、湿気が部屋にこもらないように窓を開けておくなど換気をすることが大切です。なるべく部屋の中央に洗濯物を干し、カーテンレールには干さないようにしましょう。
また、古新聞を干した洗濯物の下に敷いておくと湿気を吸い取ってくれます。

せっかく洗濯したのだから、衣類は気持ちよく着たいですよね。節約生活の為に洗い直しは避けたいものです。部屋干しの方法を工夫して洗濯物の嫌な臭いを防ぎましょう。


どんなに気を付けていても、鍋・フライパンを焦がしてしまうときってありますよね。スポンジに洗剤をつけてゴシゴシこすってもなかなか落ちてくれません。
鍋・フライパンの焦げ付きを落とすには、重曹を使いましょう。

  1. 重曹と水を鍋・フライパンに入れて火にかけ、沸騰させます。ふたはしなくて大丈夫です。
  2. 沸騰したら火を止め、冷まします。完全に冷めるまで放置すると、ほとんどの焦げ付きは浮かび上がってきます。
  3. 水を捨てたら、内側に残っている焦げ付きをスポンジでこすり洗いして仕上げましょう。

鍋・フライパンは毎日の節約料理に使う大事なものです。硬いタワシなどで、焦げ付きを力ずくで落とそうとすると傷が入り、またその部分が焦げ付いたりします。慌てずに重曹を試してみて下さい。ただし、アルミ製の鍋・フライパンは変色する可能性があるので、注意して下さい。

重曹は掃除にも使えますし、節約生活にとても役立つアイテムです。ぜひ有効活用してみて下さい。

また、夏場の強い日差しを有効利用し、ベランダや庭に鍋・フライパンを天日干しして、焦げ付きをカピカピに乾燥させて落とすという方法もあります。この方法は時間がかかりますが、予備の鍋・フライパンがある場合は有効かもしれませんね。


節約料理に大活躍の電子レンジですが、たまには庫内を掃除してあげましょう。電子レンジは毎日使うけれど、掃除はあまりしたことがないっていう方いませんか?

電子レンジの庫内が汚れたまま使っていると、性能・効率が下がる原因になります。せっかく電気代を払っているのですから、フル性能で使いたいですね。

電子レンジの掃除方法は濡れたタオルを使います。軽く絞ったタオルをチンして、水蒸気を発生させます。汚れが浮いて落ちやすくなったところで念入りに拭き取って下さい。

汚れがしつこくて落ちない場合は、重曹を使いましょう。コップ1杯に重曹大さじ1を入れてチンします。チンした後に拭き取っても汚れが落ちないときは、重曹ペースト(水と重曹を1:1で混ぜたもの)をつけて拭き取ってみて下さい。汚れが落ちたら、最後にから拭きをして仕上げましょう。
重曹を使えば、市販の洗剤よりも安あがりで掃除できますよ。

電子レンジは庫内だけでなく、側面と裏側、下側も掃除しましょう。裏側の通気口がホコリで詰まっていると、性能がダウンしたり、故障の原因になります。また、電子レンジはあまり動かさないので、下側も汚れていたりします。

電子レンジはキッチンで長いお付き合いになるものです。たまにはメンテナンスして、大切にしましょう。


自宅にクリーニング屋さんなどでもらえる針金ハンガーが余っていませんか?針金ハンガーは形状を変えると、普段の掃除に役立つホコリ取りを作ることができます。不用品を再利用して節約生活に役立てましょう。

  1. 針金ハンガーの三角形の部分を広げるように折り曲げ、棒状にします。
  2. タオルを巻きつけて、上から使い古しのストッキングを被せれば完成です。

家具と家具のすき間など、手の届きにくいところのホコリ取りに最適です。普段なかなか掃除ができないテレビの裏側や冷蔵庫の上側・下側も掃除できちゃいます。タオルを被せてあるので家具を傷つける心配もありません。

針金ハンガーは形状を変えると色々な使い道がありそうですね。針金ハンガーのホコリ取りは簡単に作れますので、ぜひお試し下さい。