節約生活を実践して貯金を増やす!家計簿で家計を管理する方法・暮しに役立つ情報をご紹介!


「節約生活で暮しを豊かにしよう」トップページ>節約生活の貯金方法

節約生活の貯金方法

私の友人と久しぶりにゆっくり会話を楽しんでいると、最近貯金を始めたとのこと。てっきり銀行に定期口座でも作ったのかと思いきや、貯金箱にお金をためているそうです。

友人宅にお邪魔したときに、さっそくその貯金箱を見せてもらいました。竹でできた筒状の貯金箱で上のほうに人の顔が描かれていました。大きく開いた口からお金を入れるんだそうです。

でも、口が大きすぎて逆さまにするとお金が簡単に取り出せてしまいます。友人に聞いてみると、
「いつでも取り出せるように投入口が大きい貯金箱を選んだ」
とのこと。

すぐ取り出せてしまうのではお金がたまらないのでは?
「いいことがあった日に500円貯金して、嫌な出来事があった日にパァーっと使う」
と教えてもらいました。

友人はプライベートや職場でいいことがあった日に500円を貯金し、逆に落ち込んでしまうようなツイていない日があったら、貯めたお金で飲みや遊びに行ってストレス解消するんだそうです。

メリハリのきいた面白い貯金方法だと思いました。自分の気持ちや精神状態を良い方向にもっていく術を実践し、元気の源にしているのですね。

仕事で忙しい日々を送っていてなかなか心休まるときがありませんが、良い息抜きをすることも必要です。節約生活を送っている中でも、自分が癒される楽しみを見つけていきたいと感じました。


節約して貯金を毎月順調にふやすのに大切な家計簿ですが、つけることに慣れてくると単調な作業になりがちです。

飽きがこないように、また家計簿をつけることが少しでも楽しくなるように工夫すると長続きさせるきっかけになります。

私は、家計簿のフリーに書ける備考欄に、その日あった出来事や思ったことをメモ程度に記録するようにしています。日記とまではいきませんが、簡単にメモを残しておくだけでも、後で見直したときに過去の出来事を思い返すことができます。1年前の備考欄を見てみると、当時苦労したことや嬉しかったことが書かれていて、今の自分と比較してみると結構面白いです。

買い物した金額だけを単調につけておくだけではなく、自分が楽しめるように家計簿を利用したほうがモチベーションを保つのに効果的ですし、せっかく継続させているのですから、気持ち的にプラスになるように使えるのがベストですね。

私の友人は家計簿にシールをぺたぺた貼っています。そのシールは節約や家計管理への評価になっていて「よくできた!」「もっとがんばろう」等のメッセージが、かわいいキャラクターと共に描かれています。節約や家事を頑張った自分への評価が分かるようになっていて、楽しみながら家計簿を長続きさせる良い方法の一例だと思います。

自分だけのフリーな家計簿ですから、これからも思いっきり自由に使い倒して、節約生活に役立てていきたいです。


家計簿をつけることは節約して貯金していく為にとても役立つことですが、いざ始めてみても長続きせずに3日坊主で終わってしまうことがあります。長続きしなくても大丈夫!家計簿をつける方法を見直し、ぜひ再チャレンジしてみましょう。

家計簿は大学ノートでも何でも良い。
文具店や本屋に行くと、1年使えるたくさんの種類の家計簿が売られていますが、いざ買ってしまうと毎日きっちりと記帳しなくていけないという気持ちにかられます。
まず最初は、手軽に書ける大学ノートから始めてみてはいかがでしょうか?ノートがなければ、チラシの裏側に書いても良いのです。手軽にメモ感覚で始めて、徐々に慣れていくことで、家計簿に対する抵抗を減らしていきます。
細かいズレは気にしない。
家計簿をつけていて、計算した金額と実際の金額が合わず、何度も計算し直してウンザリしたことはありませんか?最初のうちは10円〜100円単位のズレは気にする必要はありません。1000円単位でのお金の動きが把握できるだけでも随分違います。
毎日つけなくても良い。
家計簿を毎日きちんと記帳する必要はありません。レシートをとっておき、1週間まとめてつけても良いのです。毎日欠かさずつけようとすると毎日の忙しさの中で家計簿に嫌気がさしてきます。
レシートに色鉛筆などで種類別に線を引いておくと、後で記帳するのが楽になります。

家計簿をつけることが長続きしないのは、面倒臭く感じたり、うまく活用できなかったりなど、必ず原因があります。頑張りすぎるといつか限界が来てしまいますので、気軽にマイペースで活用していくことが長続きさせるコツ・方法になります。あなただけのゆったり家計簿で、節約生活を成功させましょう。


【2008年5月28日 節約生活コラム】

常日頃、節約を実践し出費を抑える生活を心がけていると、毎月の貯金額が気になります。なかなかうまくいかないこともあり、工夫を重ねていくうちに他の家庭ではどのような方法を実践しているのか知りたくなることがあります。Yahoo!JAPANやGoogleで節約ブログを検索して探してみると、とても参考になりますね。

食費の節約方法や、無駄を出さない生活の知恵などが紹介されていて、今まで気付かなかったことを気付かせてくれるので勉強になります。主婦ならではの生活する術は、貯金を増やす為に必要な知識だと思います。

ブログで家計簿が公開されていると、貯金する為の努力や工夫が感じられ、毎日の積み重ねが大切なんだとあらためて感じます。家計簿はレシートを貼った簡単なものから、細かいところまで記録しているものなど様々ですが、自分に合った使い方を見つけ出すことが大切ですね。

また、節約ブログの中で面白かったことや、日頃感じたことなどが日記風に公開されていると、ついつい読みふけってしまいます。旦那の面白いエピソードや、買い物での新しい発見など、自分にとって良い刺激となっています。

昔と違って今は、ソーシャルブックマークやRSSフィードのおかげで手軽にブログを読むことができます。もうブラウザのお気に入りがごちゃごちゃすることもなくなりました。

節約ブログは主婦の方だけでなく、初めて一人暮しをする方にも参考になります。生活の先輩から貯金を増やすコツを学ぶのも良いですね。


節約がなかなかできず、給料日前は食事をカップラーメンでしのぐ。数日後に返済できるからとキャッシングを利用してしまう。という悪循環になりやすい場合は、袋分けで家計を管理しましょう。

給料日に必ず引き落とされる光熱費や携帯電話代、家賃を差し引き、使っても良い金額を決めます。このときに貯金もしておきましょう。給料をもらった直後に貯金しておくのがいちばん確実です。

1ヶ月で使うお金を銀行で千円札に両替し、1週間分ずつに分けて封筒などに入れておきます。使った金額はその日のうちに封筒に書き込み、残金を把握できるようにします。残金を書き込むことによって「使ってもよいのはいくらなのか?」ということを明確にしておくことがポイントです。1週間ごとに設定した金額でやりくりするように自然と工夫ができるようになります。あまり必要がない無駄な買い物も控えられるようになり、給料日前にあわてることもなくなるでしょう。

うまく家計管理ができるようになったら、1週間分の金額を下げ、節約をして貯金できる額を増やしていくのが良いです。貯金額が増えれば、1日の終わりに残金を数えるのが楽しみになりますね。

袋分けは、お財布に入っているお金をそのまま全部使ってしまう金銭感覚に慣れてしまっている方に特におすすめの方法です。


節約生活を実践し、貯金を増やしていくには毎月の家計管理・日々の節約の積み重ねが必要です。
それに加え、貯金を増やすことを成功させるには、年間を通しての出費を見直すことも大切になってきます。

ガソリン代・灯油価格の高騰や、各食品の値上げのニュースを耳にしていると、ますます節約しなくてはと、日々の出費ばかりに目を向けてしまいがちです。しかし、日々の出費を抑える努力をしていても、年間を通しての貯金額が減ってしまったら、モチベーションは下がってしまいますよね。
そうならない為にも、年間を通しての家計管理計画を立ててみましょう。

  • 毎月支払い額の決まっている保険を見直す。
  • 月払いのNHK受信料や保険を1年間まとめて支払いする。NHK受信料は1年分をまとめて支払うと割引価格になります。家計に少し余裕があれば、契約している保険会社に1年分支払いができるか問い合わせみましょう。
  • 計画している旅行の予算を見直してみる。レジャー費を削減できる旅行会社やプランを探してみる。
  • 車の買い替え時期を次回の車検まで引き伸ばす。

など、今のうちに1年後まで計画を立てておけば、後は日々の節約に努めて貯金を増やしていけます。1年後にぜひ笑って過ごせるように。また、目標貯金額を達成できるように頑張りましょう。


節約生活を心がけているけれど、どうも貯金するのは苦手という方は、「つもり貯金」から始めてみてはいかがでしょうか?

例えば、

  • 買い物をしたときに、いつもより50円安かったから、50円を貯金箱へ。
  • 石鹸を買おうと思ったけど、手作りした石鹸があったので、その分200円を貯金箱へ。
  • 近所のお友達からおかずをおすそわけしてもらったので、その分300円を貯金箱へ。

など、使うはずだったけど使わなかったお金を貯金箱へ入れて貯めていくのです。 得した分のお金を貯金しておくことによって、少量ずつではありますが、貯金は増えていきます。チリも積もれば・・・です。いつかこの貯金が自分や家庭を助けてくれるかもしれません。

禁煙してるけどタバコを買ったつもり貯金、1日の終わりに財布に残った1円・5円・10円玉を貯金箱に入れるなど、自分なりのルールを作っても良いですね。

つもり貯金をするのであれば、お気に入りのキャラクターの貯金箱など、愛着の持てるものが良いと思います。


皆さんは貯金をするのにどの銀行を利用していますか?

今はどの都市銀行に預けても、やっぱり金利は低いですよね。お金をおろすのに手数料を何回も払っていると損をしてしまいます。

節約生活においてのお金の管理はネット銀行でするのがオススメです。ネット銀行は、店舗や通帳がなく、ネット上で取引ができる銀行です。店舗がないということは、その店舗で働く銀行員さんなどの人件費、店舗にかかる維持費・光熱費などがかからない為、私たち利用者に高いサービスを提供してくれます。

今までは都市銀行の利用に慣れていて、「手数料を払うのは当たり前、銀行まで足を運ぶのも仕方ないこと」という固定概念みたいなものがありました。今思えばもっと早く利用していればよかったです。

金利の恩恵にあずかっていないのに、家計簿に「銀行手数料105円」なんて書き込むのはくやしいですよね。

私は節約してできた貯金を、今までのように都市銀行に預けるのは損をしてると思い、ネット銀行ランキングで見つけた住信SBIネット銀行にお金を移しました。それ以来1回も手数料を払っていません。

仕事帰りに気軽に寄れるコンビニATMを利用できるところが、とても重宝しています。