節約生活を実践して貯金を増やす!家計簿で家計を管理する方法・暮しに役立つ情報をご紹介!


「節約生活で暮しを豊かにしよう」トップページ>節約料理レシピ

節約料理レシピ

今が旬の山芋を使っておいしい節約料理が作りましょう。とても簡単におかずがもう一品用意できちゃいます。火を通さずに生で食べられる山芋は、忙しい主婦の味方になってくれる食材です。

【節約料理レシピ】山芋のたたき〜なめたけ和え

材料
山芋・・・300グラム
なめたけ・・・大さじ4
海苔・・・適量
わさび・・・少々
  1. 山芋の皮をむき、3、4つくらいに切り分けます。
  2. ビニール袋に切った山芋を入れ、すりこ木などの硬い棒でたたき砕いていきます。
  3. 器に盛り付け、なめたけを上からかけます。
  4. もみ海苔・わさびをのせて出来上がりです。

手や調理道具を汚さずに簡単にできる節約料理です。山芋はとても消化が良く、ネバネバした成分は滋養強壮に役立ちます。

山芋は表面の張りが良く、ずっしりと重みのあるものを選びましょう。切って売られているものは、切り口が変色していないものを選ぶようにして下さい。
冬の時期に山芋などの旬の食材を選べば、安く買うことができるので、食費の節約につながりますね。


「今日は夕食を作る時間が無い!」なんてときは、簡単にできるグラタンソースはいかがでしょうか?ホワイトソースを一から作るのは結構手間がかかりますが、この簡単グラタンソースならあっという間に完成です。

【節約料理レシピ】牛乳・マヨネーズで作る簡単グラタンソース

材料(一人前)
マヨネーズ・・・大さじ2
牛乳・・・大さじ1
ソーセージ・・・3本
ブロッコリー・・・200グラム
冷凍ポテトフライ・・・100グラム
粉チーズ・・・適量
パン粉・・・適量
  1. 最初にブロッコリーを小房に分け、ゆでておきます。
  2. ブロッコリーをゆでているうちにソースを作ります。小さめの器にマヨネーズを入れ、牛乳を少しずつ足していきながら混ぜ合わせていきます。
  3. ゆでたブロッコリー・ソーセージ・冷凍ポテトフライを耐熱皿に並べ、盛り付けます。
  4. 2で作った簡単グラタンソースを上から全体にかけます。
  5. 粉チーズ・パン粉をまぶし、オーブントースターでこんがり焼きます。
  6. 表面に焼き色がつき、しっかり火を通したら出来上がりです。

忙しいときは、簡単にできるスピード調理!
すぐにパッと使える冷凍ポテトフライや、野菜ミックスを業務用スーパーで安く買いだめしておくと便利です。
鮭やエビなどの魚介類を使ってもおいしくできますよ。簡単にできる節約料理レシピをぜひお試し下さい。


具だくさんの味噌汁もおいしいけれど、おかずによってはコンソメスープなんかが合う場合もあります。節約料理にサッと使える大豆の缶詰を使っておいしいヘルシースープを作ってみましょう。

【節約料理レシピ】大豆の缶詰ヘルシースープ

材料
大豆の水煮缶詰・・・1缶(150グラムくらい)
ベーコン・・・2枚
玉ねぎ・・・1個
にんじん・・・1/2本
じゃがいも・・・1個
コンソメスープの素(固形スープ)・・・1個
塩・こしょう・・・少々
  1. 玉ねぎ・にんじん・じゃがいもの皮をむき、それぞれ1センチメートル角の大きさに刻みます。
  2. ベーコンも野菜類と合わせて1センチメートル角に切ります。
  3. 熱した鍋にサラダ油をしき、刻んだ材料をよく炒めます。
  4. 水を3カップ入れて煮込み、アクを取り除きます。
  5. コンソメスープの素を入れ、溶け込んだら水分を切った大豆を加えます。
  6. 塩・こしょうで味を調整したら出来上がりです。

普通の野菜スープですが、大豆を加えることによって立派なおかずになります。
また、大豆の缶詰はゆでる時間・手間が省けますし、老化防止・成人病予防に優れた栄養満点の食材です。
あなたの節約料理にぜひ役立ててみて下さい。


さんまは秋の味覚の代表格!安くなる旬を狙って、おいしく節約料理しましょう。
さんまの塩焼きもおいしいですが、ちょっと食べ方を変えてみてはいかがでしょうか?

【節約料理レシピ】さんまときのこの大根おろしあえ

材料
さんま・・・1尾
しいたけ・・・5個
しめじ・・・1パック
しょうが汁・・・小さじ1/2
大根おろし・・・1/2カップ
しょうゆ・・・少々
  1. さんまを塩焼きにします。粗熱が取れたら、身をほぐして骨を取り除きます。
  2. しいたけの軸を取り除きます。しめじは石づき(根元の硬い部分)を取り除きます。
  3. しいたけ・しめじをグリル又は、網焼きにします。焼けたら細切りにします。
  4. さんま・しいたけ・しめじを、水気を切った大根おろしと混ぜ合わせます。
  5. 仕上げにしょうゆとしょうが汁を振り、ざっくりあえます。

さんまは、ビタミンD・ビタミンB12が多く含まれ、DHA・EPAも含んだ栄養たっぷりの魚です。ごはんのおかずにも、ビールのおつまみにもぴったりなので、ぜひ節約料理レシピで楽しんでみて下さい。


安くていろいろな料理に使える代表格の大根!今回は業務用スーパーで手に入れたさばの水煮缶を使って節約料理をしてみましょう。

【節約料理レシピ】大根とさばの煮物

材料
大根・・・1/2本
しょうが・・・1かけ
さば水煮缶・・・1缶
水・・・1カップ
料理酒・・・大さじ2
しょうゆ・・・大さじ2
砂糖・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
  1. 大根を味が染みやすくなるように拍子木に切ります。しょうがは千切りにしておきます。
  2. さばの水煮缶の水分をよく切っておきます。
  3. 油大さじ1で熱した鍋に大根を入れ、炒めます。少し火が通ったら、さばの水煮缶を加え、さっと混ぜ合わせます。
  4. 水と各調味料を加え、大根が柔らかくなるまで煮込みます。
  5. 器に盛り付けたら、刻んだしょうがを上にのせて出来上がりです。

くせのない大根は煮物のほかにも使い道がたくさんありますね。お好みで七味とうがらしを振りかけてもおいしいです。おかずにもう一品どうぞ。


1年中安く冷凍食品として手に入るえびを使って、お子様も喜ぶ定番メニュー「えびフライ」を作ってみましょう。

【節約料理レシピ】えびフライ

材料
えび・・・10〜14尾
卵・・・1個
小麦粉・・・適量
パン粉・・・適量
塩、こしょう・・・少々
レモン、又はレモン汁・・・適量
  1. 最初にえびの下ごしらえをします。皮をむいたら、竹串などを使って背わたを抜きます(第2関節と第3関節の間から抜きます)。
  2. 揚げたときに油が跳ねないよう尾の剣先を包丁でしごき、中の水分を抜きます。腹側に2箇所くらい浅く切れ目を入れておきます。
  3. えびに塩・こしょうを振り、小麦粉をまぶします。溶き卵にくぐらせてから、パン粉を全体にまぶし、衣をつけます。
  4. 180度の油できつね色になるまで揚げます。お好みでレモンを絞ったり、タルタルソースをかけてお召し上がり下さい。

ブラックタイガーや、芝えびなど、無頭の冷凍えびがよく安売りされています。上手に活用して節約料理に役立てて下さい。お弁当のおかずとしてもぴったりですね。


節約生活で暮しを豊かにしようへようこそ!みなさんいかがお過ごしでしょうか?

トマトホール缶は、常備しておくとパスタなど色々な料理に使えて便利ですね。
今回はトマトホール缶で簡単に作れて、ご飯が進むおかずをご紹介します。

【節約料理レシピ】トマトホール缶で作るベーコンと春雨の炒めもの

材料
ベーコン・・・4枚
春雨・・・50グラム
グリーンアスパラガス・・・4本
トマトホール缶・・・1/2缶
コンソメスープの素・・・1/3個
塩・こしょう・・・適量
  1. 鍋にお湯を沸かし、グリーンアスパラガスをゆでます。ゆで上がったら3等分に切り分けます。
  2. 春雨をぬるま湯にてもどし、食べやすい長さに切ります。
  3. トマトを缶から出し、ざく切りにします。
  4. ベーコンは5センチメートルくらいに切り分けます。
  5. 熱したフライパンでベーコンを炒め、適度に油が出てきたら、春雨を加えて混ぜながら炒めます。
  6. グリーンアスパラガスとトマトを加え、煮立ってきたらコンソメスープの素を入れます。
  7. 仕上げに塩・こしょうで味を調え、皿に盛り付けたら完成です。

暑い時期はご飯を食べたくないこともありますが、トマトのさっぱりした味と春雨のツルッしたのど越しで食べやすいです。
色々ある缶詰食品でトマトホール缶はおすすめです。


最近はほうれん草・小松菜などの葉物野菜が地元のスーパーで安く売られているので、節約暮しをする身としては助かっています。一時期は高くてあまり買う気が起こりませんでしたが、今では食費・家計を助けるのに重宝しています。
今回は私の大好物のチャーハンをご紹介します。

【節約料理レシピ】ほうれん草のチャーハン

材料(2人前)
ほうれん草・・・1/4束
ご飯・・・茶碗3杯分
卵・・・1個
にんにく・・・1/2個
しょうが・・・1/2個
塩・こしょう・しょうゆ・・・適量
  1. ほうれん草をみじん切りにして、キッチンペーパーで水分を吸い取っておきます。
  2. にんにく、しょうがをみじん切りにします。
  3. 熱した鍋にごま油を敷き、にんにく、しょうがを入れ炒めます。
  4. 溶き卵を入れ、完全に火が通らないうちにご飯を加え、混ぜながら炒めます。
  5. ほうれん草を加え、混ぜながら塩・こしょうをかけ、最後にしょうゆを加えて香ばしく味を調えます。

ほうれん草はかなり細かく刻んで下さい。小松菜を使ってもおいしくできますよ。
チャーハンは簡単においしくできる料理なので、お昼ごはんにぴったりですね。緑鮮やかなチャーハンを楽しんでみて下さい。


お子様のおやつに手作りのお菓子はいかがでしょうか?
お菓子は一から作ると大変だったりしますが、今回ご紹介するのは簡単な手順で、使う材料もシンプルです。

【節約料理レシピ】ミルクくずもち

材料
牛乳・・・1カップ
片栗粉・・・大さじ4
イチゴやブルーベリーなどのジャム・・・適量
  1. 底が平らな鍋に牛乳・片栗粉を入れ、火にかけます。ねっとりと、とろみが出るまで木ヘラでかき混ぜます。
  2. お好みの型を水でぬらしておき、煮たものを平らに流し入れます。
  3. 冷蔵庫で冷やし、固まったら出来上がりです。お好みのジャムをのせて食べるとおいしいです。

ご自宅にあれば、くず粉を使っても良いでしょう(本来はくず粉を使います)。
また、ジャムではなく、きな粉やすりゴマをかける場合、煮るときに砂糖大さじ2を入れて甘くすると丁度良いです。

お子様と節約簡単おやつを楽しんでみて下さい。


カレーライスは節約生活の大きな味方!簡単にできますし、たくさん作っておけばいろいろな料理に使えます。
カレーライスを作りすぎて余ったときは、簡単にできる節約料理レシピがあります。 今回はピーマンと卵を使ったドライカレーをご紹介します。

【節約料理レシピ】ドライカレー

材料
余ったカレーとご飯・・・グラムで1:4の割合です。
ピーマン・・・カレー200グラムにつき2個
調味料(塩・こしょう)・・・適量
卵・・・1人前で1個
  1. カレーを鍋を使って煮詰めておきます。
  2. ピーマンを5ミリ角の大きさに刻みます。
  3. 熱したフライパンに油をひき、ピーマンを入れ炒めます。少し後に煮詰めたカレーを加え、炒めていきます。
  4. ご飯を加え、混ぜながら炒め、仕上げに塩・こしょうで味を調整します。
  5. お皿にドライカレーを盛り付けて、半熟に仕上げた目玉焼きをのせて出来上がりです。

とろ〜り半熟目玉焼きとドライカレーは相性抜群で、とてもおいしいです。
節約暮しをしていると、安い食材がメインになりますが、いろいろな味を楽しみたいものですよね。残った冷凍ごはんや、定番のカレーを使って、ぜひお試し下さい。